Tag : google

5 月 08 2009

Google検索に「順位を上げる」ボタン追加!?

Posted by tanjo at 1:09 AM

あ、久しぶりの更新だけど元気に生きてましたよ(笑)

さっきGoogle検索したら、検索結果の項目に対して「順位を上げる」、「検索から除外する」、「コメント」とかいうボタンが追加されていました。ビックリ!
Googleアカウントでログインしている場合だけ表示されるようです。ログインユーザーすべてに適用されてるのか、まだ試験運転なのかは分かりませんがっ。

searchwiki

サーチウィキ

「Google サーチウィキ」というサービスだそうです。以前から海外でもテストされてる(けど不評だった、)とか。以下、表示されたヘルプより。

サーチウィキ

サーチウィキでは表示順位を変更したり、特定のページを検索結果から除外したり、コメントを投稿したりして、検索結果を使いやすくカスタマイズすることができます。また、他のユーザーの評価も見ることができます。

注: サーチウィキ メモを作成すると、Google アカウントのニックネームとともに他のユーザーにも公開されます。

それで機能的には、こんな感じ。ユーザができることは…

  1. 自分の検索結果での順位を上げる/元に戻す
  2. 検索から除外する
  3. 検索結果にコメントをつけて共有する

なるほど~。
現時点だと私の環境では、他のユーザのメモを参照することはできないようですが、要するにユーザの反応とか声を検索結果に直接反映させるよ、ということですかね。アカウント持ってる人限定だけど。
(そしてGoogleさんは貴重なユーザーのレスポンスをお持ち帰りする、と。(^^))

(訂正)
ふつうに画面一番下にサーチウィキメモを表示するリンクがありましたね。AutoPagerizeしてて気づかなかった。。

こうなると技術的なSEOにはますます厳しくなるし、パーソナライズが強化されれば上位ヒットさせること自体の意味も薄れていきますね。マーケターは大変そうだ。
まあ個人的には、少しでもユーザ重視、コンテンツ重視の流れが加速してくれればありがたいですね!
あとどっちかというと、リスティングばっかり表示されて、スクロールしないと検索結果にたどり着けないような国内の検索サービスが少しは影響されて改善されることを期待しています…。

いずれにしても面白そうな機能ですね。しばらく様子を見てみます。

あ、ちなみに現時点ではこの機能、オフにするボタンがないようです。しかも検索結果にリンクを追加するSBM系のGreaseMonkeyとかと相性が悪いみたい。
困っているかたはこの辺を参照してみてください。
» Google サーチウィキが自分のアカウントに適用されました - WEBマーケティング ブログ

9 月 14 2008

突然ですが、ナゾナゾです。

Posted by tanjo at 6:42 PM

問題

Googleで「いいえ」と検索すると、意外にも、とある有名なサイトが1位にヒットします。さて、どこでしょう?
*やずや?いいえ、違います。

+++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++ネタバレ対策です。すいません。+++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++

答え

解答解説はこの下をドラッグ!(白い文字で書かれています。)

正解は、Yahoo! JAPAN でした。(記事投稿現在)
Googleのいやがらせというわけではなく、アンカーテキストの効果ですね。
ものすごくたくさんのサイトから「いいえ」というキーワードで Yahoo! JAPAN にリンクされているあかしです。Googleに限らず、Yahoo検索でもLive SearchでもたいていYahoo! JAPANかYahoo!モバイルが上位にきますよ。
私が調べた時点だと、「退場」とか「18歳未満」で検索してもYahoo! JAPANが見事1位。あらためてYahoo!の人気に脱帽~。

おまけ

「人生、宇宙、すべての答え」と検索すると、…「42」と表示されます。
Google電卓機能のおまけ。

これは、SF小説『銀河ヒッチハイク・ガイド』に登場するスーパーコンピュータ「ディープ・ソート」が750万年かけて導いた究極の答えが「42」だったという話に由来します。
作中にはディープ・ソートがGoogleplex Star Thinkerなるコンピュータのことを「電卓レベルだ」とバカにする場面があるそうなんですが、そのGoogle電卓は750万年どころか一瞬で答えを割り出しましたよ…というGoogleさんのパロディメッセージみたいです。
「いいえ」も実はメッセージだったりしてね。

» 人生、宇宙、すべての答え - Wikipedia

9 月 10 2008

Google Translateでサイトを多言語対応に

Posted by tanjo at 7:55 AM

Google Translate にて、ウェブサイトを他言語翻訳するガジェットが提供されています。
このブログの右カラムにあるやつです。海外からのアクセスも微妙にあったり、コメントをいただいたりしたということで、ためしに設置してみました。(実用性は低そうなンだけど、、)

ガジェットは以下のページから取得できます。
設置はJavaScriptを自分のサイトの表示させたい部分にコピペするだけでOK。
http://translate.google.com/translate_tools

こんな風に挿入されます。

ページを翻訳するだけでなく、リンク先も翻訳リンクになってくれるので、サイト全体が多言語化してくれます。
気になる翻訳精度は、…まあ、こんなもんでしょうかね、という感じ。特にくだけた言葉になるとグングン怪しくなっていきますね。ブログにはあんまり向かないかもしれません。
しかも当サイトに限って言えば、翻訳するとなぜかスクリプトのソース部分が改行されず1行で表示されてしまう…。これはいったい…。
でもさすがはGoogle、翻訳速度はかなりのものです。

ちなみに Microsoft からも同様のツールが提供されています。入手は以下です。
http://www.windowslivetranslator.com/AddIn.aspx

貼り付けサンプル。高機能っぽいけど翻訳にちょっと時間がかかります。

もう1つおまけ。ガジェットではなく、和英翻訳ページへのリンクだけを作るには、このようなリンクを href 指定すればできるようです。

http://translate.google.com/translate?u=【ページのURI】&langpair=ja|en&hl=ja