5 月 25 2009

Windows 7 RC を使ってみました 1 - 仮想マシンに楽々セットアップ

Posted by tanjo at 1:18 AM

win7_logo

今月はじめに Windows 7 のRC版が一般公開されたみたいですね。さっそく使ってみました。
ハードに余りがないので、気楽に使える仮想マシンにインストールします。今回使用したのは VMware Workstation 6.5。

追加のハードやメディアは必要なし&無料で試せますよ。

VMware のラインナップ

ひとえに VMware といってもいくつかプロダクトがあるんですね。関係ありそうなデスクトップ製品はこの3つ。

  • VMware Workstation
    有償の統合型ソフト。仮想マシン作成から実行や管理まで、高機能です。単体起動の VMware Player も付属。
  • VMware Server
    無償。仮想マシン作成と実行ができるらしい。ただ設定のインターフェイスがウェブベースだったり、英語版しかなかったりと、ちょっと使いにくそう。
  • VMware Player
    無償。ただし実行環境のみ。仮想マシンの作成には、ほかのソフトを用意する必要があります。

素人にはどれも条件良くないじゃん!…と思いきや、VMware Workstation は実行環境以外は、ライセンス購入しなくても使えるようです。こりゃありがたい!(現在の最新版、WS 6.5.2の場合。)
そんなわけで、コアなことをしないのであれば、とりあえず Workstation だけインストールして、仮想マシンのセットアップは Workstation 本体、実行は付属の Player というふうにすれば十分使えます。

ちなみにMS派の人は、Virtual PC 2007 が無償提供されているのでそちらをどうぞ。
» Microsoft Virtual PC

VMware の方が高速に動きやすい&Linuxの対応状況が良い、とかいう情報を耳にしたので私は VMware を使うことにしました。

仮想マシンのセットアップ

まずは VMware Workstation の入手。公式からだとダウンロード前にいろいろと情報を登録するページが出てきましたが、窓の杜だとすぐに落とせます。ライセンスは購入しないのでこれで問題なし。
» 窓の杜 - VMware

そして Windows 7 RC のダウンロード。Microsoft のページから、RC版ダウンロードのリンクをたどって入手できます。MSN(Windows Live)のアカウントが必要です。
» Microsoft Windows 7

RC版は「少なくとも6月中は提供、ダウンロード数に制限なし」とのこと。使用期限は2010年5月31日までだそうです。現在、日本語版を含む5カ国、32bit/64bit版それぞれが提供されています。

さてさて、セットアップ。VMware Workstation の新規仮想マシンウィザードから、ダウンロードした Windows 7 RC の ISO イメージファイルを選択して仮想マシンを作成。Windows 7 ではなく Vista と認識されましたが、問題はないようです。

vmsetup

一度 Workstation を終了させてから、VMware Player で仮想マシンを実行。OS の初期設定を行ったあと、見事 Windows 7 が起動しました!パチパチ!

win7_desktop1

Aero は動作せず

機能追加(&軽量化?)された Aero は試してみたかったところ。実は VMware WS を選んだ理由には、「最新版は Direct X 9.0c に正式対応してるらしいから Aero 動くんじゃない?」という期待がありました。
が、しかし。そうは言ってもグラフィックをエミュレーションしてるだけなので、スペックが足りなすぎて Aero はオンになりませんでした。残念…!

aero_score

ちなみに Aero を動かすための他の案として、「仮想マシンにリモートデスクトップからアクセスする」、「レジストリをいじって、スペック足りなくても無理矢理オンにする」といった方法が紹介されていました。
しかし前者は Vista → 7 の接続だとプロトコルのバージョン相違(?)だとかで Aero は動作せず。後者は成功したという報告はほとんどなく、私の環境でもダメでした。

う~ん。誰かできた人がいたら情報ください~(苦笑)

さてさて、それはともかく、次回は Windows 7 を使ってみた感想でも書こうかと思います。
なお今回セットアップした環境は、なかなか安定していますよ。今のところ。

Leave a Reply